大阪よりプラグホルダーのサンダー杉山来襲。

2014年6月16日

週末、大阪よりサンダー杉山がやって来ました。

http://thunder-sss.blogspot.jp/?m=1

以前にBlogで紹介した男前プラグホルダーの製作者サンダー杉山です。

このプラグホルダーってのがなかなかのスグレモンでして…。

サンダー製のプラグホルダー…。

ウェブコやその他のヴィンテージパーツにあるようなアルミ鋳造一発取り

じゃありません♪

肝心要のカラーのパーツは別途、鉄を鋼材から切りだし製作。

圧入して強度を確保しています。 またそのカラーもローレット加工して

見た目も男前なんやなぁ。

ローレット加工ってなんでこんなにヤル気に見えるんかね。

本体アルミのみだけで製作したらプラグを何度も着脱したり誤って

オーバートルクかけたりすると素材の柔らかいアルミだと一発で

ダメダメになっちゃいます。

これは昔、サンダー自身がヴィンテージのプラグホルダーを購入した際の

苦い嫌な経験が裏打ちされとるんやなぁ〜

そのカラーも付属されたプラグレンチも全体の印象を変えることなく

サーチライトクロームメッキに施されています。。

また本体とプラグレンチを固定するのはただの蝶ネジじゃありません。

蝶ボルトじゃちょいロング走ったら振動で緩むんよな。

このプラグホルダーで採用してるのはズースファスナーといって

90度回すことで締結しロックされます。

世界大戦時のイギリスの戦闘機なんかで採用,現在はレースの世界なんかでも

使用されています。

クイックで正確に留められるんやな。

またこのサイズのズースファスナーは一般的に日本で流通してない。

このプラグホルダーにあったサイズ…。

サンダー自身がこのプラグホルダーにあったイメージの大きさ。

少し大きめの近しいサイズはあるらしいんやがこのプラグホルダーにはコレ‼︎

わざわざこのサイズのみを輸入してるみたいですわ。

フレームとプラグホルダーを固定するバンドももちろん付属しています。

ドライバー1つで簡単装着♪♪

サンダー自身がこだわりぬいて製作したこのプラグホルダー…。

たったの12000円ですよ♪♪

アタシはいつ完成形となるのかワカラナイw シャベルとボロエボスポーツ用に

一つずつ購入♪♪

あ,VL用もいるんやったナ…。

http://crunkdevil.com/

20140616-061824.jpg

20140616-061901.jpg

20140616-061932.jpg

20140616-061959.jpg

20140616-062034.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。