本日の彫徳先生…irezumi

2015年2月18日

本日も昨日に引き続き3時間突いていただきました。

昨日で “金太郎の抱き鯉 “の背景にあたる、風、波、岩、、、が終わりましたので

image

今回からは両方の尻部分にある牡丹の花と鯉の色入れが始まります♪

先ずは、左の尻部分で優雅に泳いでいる鯉さんからです。

今回は鯉さんのみをみっちり3時間彫りました♪

色は墨の一色、、、和墨です。

この墨も彫徳先生独自のブレンドされた和墨になります。

インクで手彫りする方もいらっしゃいますが仕上がりには大きく差があるようです。

また、よく海外でガイジンがやっている手彫り、、、の和彫り風の刺青。

芋突きではとても日本伝統の刺青とは呼べないような仕上がりになるようです。

通常の彫り方ですとこの鯉さんは先生の彫る速さだと彫り終えています。(手彫りでですよ‼︎)

しかも2時間で…。

通常の彫り方っていうのはウロコをグラデーションで彫る一般的な彫り方を指します。

あたしの背中の鯉みたいな感じです。

その他、ウロコを一枚、一枚ツブす彫り方ね。

今回のあたしの鯉さん、、、ウロコを一枚づつ重ねて彫っているんです♪

で、今後はこのウロコ一枚、一枚、色を刺していくみたいです。

そうするコトによってより立体感が増すんですね〜♪

鯉さんの顔は版画のように彫られています。

この辺りは画像じゃ伝わらんよなぁ〜

今は突きたてで赤みを帯びていますがそのうち、、、

といっても針目が完全に消えて夏が終わった頃、、、

肌が一枚めくれたあたりからより一層美しが引き立ちます。

明日も3時間です。

仕上がりまでラストスパートでございます♪♪

image

http://crunkdevil.com/

image

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。