にゃんこ先輩と悪魔の九州旅 知覧特攻平和会館

2015年4月29日

 

昨夜はこの旅始まって以来の温泉旅館に泊まった。。。

基本は車中泊なんでね。

 

コレは何日前だか忘れたが、、、

 

知覧の富谷旅館の近くの居酒屋の駐車場で車中泊して

知覧特攻平和会館に行った時の話し。。。

 

image

とにかく1日にいろんなところに行って心臓を鷲掴みにされる出来事が多いんで

精神的にキツい。

image

 

先日は水俣病の資料館を二ヶ所見学してきたんでまたキモチを特攻隊員に

戻して思い出して書いとる。

 

 

 

 

 

とにかく平和が一番だわ。 戦争はあかん。

尖閣諸島なんて何十年も放ったらかしのちっこい島なんかどーでもええやんけ。

 

石油やメタンハイドレートの問題があるから

日本はもちろん台湾や中国も引くに引けないよーやが。

 

最近は世間が右翼化してわぁーわぁー勇ましいコト言うとる輩が多い気が

するわな。

どつきあいもしたことないよーな奴らがw

image

 

このままじゃあエラい人たちに洗脳されて戦争に駆り立てられるわな…。

 

一番最初に犠牲になるのはワカモノやということを忘れたらあかんわ。

たった70年しか経ってないんよ。

戦争終わってから…。

でも今の流れだと20年もしたら赤紙出るわな。

いや、10年かからんかもな…。

 

強制的に戦場に駆り出されるわな。

image

 

エラい人たちは愚民を煽って煽って中国や朝鮮とどんぱち始めよーぜ。

って騒ぎたてよる。

 

奴らは戦争に行かんしね。

 

またそいつらの息子も孫も絶対に戦争には行かない。。。

 

煽られ踊らされた奴の息子や孫が戦争に駆り出されるんよなぁ〜

 

零戦での体当たり攻撃の特攻も人間魚雷の回天ももちろん

あってはならんコトやけど彼らワカモノには罪はない。。。

 

image

軍の上層部のモンダイやろ。

image

海軍と陸軍の糞みたいなメンツによって生みだされてしまった悲劇なんよな…。

自分たちは特攻かけるワケもなく敗戦が濃厚になってからの特攻命令…。

 

お前らが先に死ね❗️っちゅーハナシやわ。

image

悪魔やろ。

沖縄へ特攻に行くワカモノも当然日本の敗戦はわかってたはず。

アホはおらんのよ。

遺書なんかめっちゃ字キレーしな。

image

零戦で特攻命令受けるヒトってのはアタマも良く東大生とか秀才揃い…。

image

 

特攻かけても意味のないコトくらいはわかってた…。

 

image

250キロの爆弾を抱えて本来なら零戦での機敏な動きを犠牲にして

敵機だらけの中突っ込んでいく。

image

 

敵の戦艦からは容赦ない砲撃を受ける。

 

アメリカの戦艦のレーダーに映らないように海面ギリギリを2時間半も飛んでいくんよ。

クソ重い操縦桿握って。。。

image

沖縄を侵攻されていずれは自分のお母さんをはじめ家族を護って

少しでも食い止めるために体当たり作戦、特攻かけたんよな。

image

 

また、その成功率は驚くほど低い。。。

ほとんどが敵の戦艦に体当たりする前に撃墜や。

image

最初のうちは奇襲戦やから効果があったんやがすぐに研究されてしまった。。。

 

アメリカの解析能力と兵器の力ってのは日本を上回ってたんよな。

コレは石原慎太郎が制作指揮した映画で使われた零戦のレプリカ。。。

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

世界人類が平和でありますように。。。

昔はあちこちで見たけどな。。。 世界中にあるんよな。

ピースボールは日本発祥のどっかの宗教やったよーな。

image

image

世話をするのは15歳くらいの女のコで出撃するのはハタチ前後が多い。

image

三角宿舎

半地下に造られた体当たり作戦の数日前からここで過ごす。

image

image

特攻命令は出撃の前日の早朝に告げられる。

image

image

image

image

 

手作りの人形は平和会館の中にたくさんあった。。。

館内は撮影禁止です。。。

image

 

image

image

image

image

 

image

 

image

 

image

 

image

image

 

 

いよいよ特攻平和会館に入ります。

 

image

image

 

ここまでは撮影可能やが中は撮影禁止。

 

中には千名以上の特攻作戦で散華されたワカモノ達の遺品や遺書があった。

どれもとても綺麗な字で最後の言葉を記していた。

 

中にはオチャラケな遺書もあったけど心中は。。。

ほとんどがお母さん宛の手紙やった。

 

image

 

コレを買った。

特攻命令を受けた隊員が三角宿舎で書いた遺書や最後の詩…

表紙の子犬を抱いた少年は最年少の特攻隊員の荒木少佐。

子供やわな。

綺麗な字で遺書を書いてはる。

 

image

 

image

image

今まで全くキョーミのないヒトでも一度位は見にきてほしいわな。

鹿児島の知覧までは遠いわ。ってヒトおったらせめて靖国神社でも同じような

会館があるんで是非見てほしいね。

 

自分の命と引き換えに家族や日本を守ろうとしたワカモノがおったんよね。

 

真剣におもったら戦争なんてできんやろ。

 

しかし、、、それでも特攻隊員はまだ語り継がれてる方やわな。

美化されてる部分もあると思う。

 

ガダルカナル島で戦った日本の歩兵団は補給を断たれてほとんどの日本兵が餓死。

 

地元の村襲って村民を食ったり挙句の果てには死んだ仲間の亡骸まで喰ったんよ。

 

そんなコト我の息子にさせれますか?

 

戦争はしたらあかんやろ。。。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。