初代彫徳先生 ドンブリの道①

2016年1月12日

 

さて、とうとう始まってしまいました♪♪

ドンブリの道♪♪♪

一応、知らないヒトのために解説しておきますと

ドンブリっていうのは首から下の全て…

身体の表と裏を全て彫って、、、長袖、長ズボンの状態…。

手首から足首… までを全て埋め尽くすコトをいいます。

image

image

あたしの場合はこの真ん中の部分も全て埋めてしまいます。

image

ドンブリってのは、、、3つの要素を全てクリアーしないと完成しません。

 

①  痛み、② お金、③ 時間  全てをクリアーせんとあかんのよね〜

どれかひとつでも欠けたら完成しません。

 

ヒトによりますが2年〜10年はかかるやろうし…

 

痛みは、、、ね。

 

ま、我慢すればいい…。

 

っと言いたいが‼️

 

部位によっちゃメッチャ痛いんよね。

 

ケツや尾骶骨や脇の下、背骨の真上、二の腕の裏側など…経験済みですが

激痛と呼ぶに充分相応しい部位でした…

 

尾骶骨や脇の下なんかはあまりの痛みで半笑いで身体がプルプルと震えましたよ♪

 

そりゃ針でザクザク刺しまくるワケやから痛いに決まってるんやがw

 

②の金はね。

別に一度に払うワケじゃないしね。

 

彫りに行ってその彫ってもらった時間で払うワケです。

 

なんとかなります。ってかなんとかせな、しゃーない。

ドンブリ目指すなら…。

 

刺青を彫る彫師の先生やその意匠、デザイン、マシーン彫りか手彫りか…

に、よりますがおおよそ500万〜1000万円近くはかかるんじゃないかな。。。

 

③の時間…コレが一番難儀です❗️

やっぱりドンブリって30代の半ば〜40代の初旬でないと金銭的に難しいやろうし

通常その年齢って仕事もピークに忙しくなってるやろうからね〜

会社員なら管理職やからなぁ〜

まして家族おったらまとまった時間をつくるのが大変やと思うんよね。

 

その全てをなんとかしてドンブリが完成します。

image

あたしの場合は現在、

両カイナが九部袖でタイコ〜背中全面〜太ももの裏までは彫り終わってるんで

あとは乳首周り〜お腹〜急所の周りを全て埋めて、、、

残った足を埋めたら晴れてドンブリが完成です♪♪♪

 

ドンブリへの第一歩、

まずは本日、三時間お腹に ” 浪切り張順 “を突いてもらいました、、、

 

二重彫りの部分と周囲の波はこれからです。

 

3時間では張順の輪郭と髪の毛の部分で時間切れです。

 

 

やはり前周りはキツい、、、。

 

脇腹らへんとか胸の真ん中とか痛みで息が止まって身体プルプル震えました♪♪♪

 

image

明日はわき腹にデカい鯉を刺します。

わき腹チョーコワイっす。

きっと可愛くプルプルしますw

image

 

http://crunkdevil.com/

image

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。