初代 彫徳先生 ドンブリの道 12

2016年2月23日

いつものようにフンドシ姿のワシをグルッと一瞥して

先生が一言。

 

はい、うつ伏せなってください。

 

うつ伏せ、、、

コレはきっとお尻周りに違いない…。

image

一般的にお尻への刺青って肉付きがいいからなのか

痛くないイメージを持たれてるみたいなんやが…

めっちゃ痛い❗️ ✖️1000‼️

 

image

こあい。

 

お尻のスジ彫りは痛すぎる。

 

以前の記憶が走馬灯のように。。。

 

お尻の割れ目の内側はすでに彫られていますが、今回はさらにその内側に…

筆がサラサラっと…。

あぁ…

image

 

いきなり、久しぶりのお尻に針が入りました‼️

 

image

 

image

時間は短かった。

 

姿勢が変わって右の太ももの空いてる箇所に筆がサラサラっと。。。

image

何度も、何度も確認されます。

image

脚閉じて…。

額の最終位置に筆が走ります。

image

左から針が入ります。

image

左の外側は痛みラクです。

image

右の太ももの内側に…。

image

 

image

内股は痛みがビンビンきますね。

image

ケツに近い内股は痛い。

image

先週にいれた宝珠の周囲に波と岩がはいりました。

image

岩にはツタと苔が…。

image

 

image

そろそろスジ彫りが終わりそうです♪♪

あと1回か2回かなぁ〜♪♪

image

 

http://crunkdevil.com/

image

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。