初代 彫徳先生 ドンブリの道38 完結⁉️

2016年6月29日

 

本日も3時間、手彫りで施術でございました♪♪

image

 

針は2種類用意されておりました♪

 

image

 

先生曰く、手彫りは最低10年の修業が必要とのことです。

特に手彫りでの筋彫りは、、、

10人に教えてもきっちりモノにするのは1人位じゃねぇかぁ〜

みんな、途中でやめちゃうんだよなぁ〜と。

マシーンで筋、彫れても手彫りじゃ筋彫りはなかなか…ねぇ〜

 

手彫りはボカしより筋彫りの方が難しいとのことです。

 

image

 

今回はあちこちに吹雪いてる紅葉の葉っぱと苔に色が入ります。

まずは脇腹のリンパの紅葉から…。

 

辛いすw

image

紅葉は淡いピンクを全体に刺してからオレンジを刺します。

 

一度に彫るんで痛いですが手彫りなんでね。。

マシーンじゃキズになって一度には出来ないんじゃないかな。。。

 

出血しないからこそ成せる技なんだと思う。

 

image

 

右の太ももにある紅葉に移動します。。。

 

image

image

 

左の脇腹の紅葉に移動します♪♪

 

image

 

この張順さんの髪の毛も手彫りですよ♪♪♪

 

ビュービューしてるよね。

 

image

 

左の太ももの葉っぱと苔にグリーンを刺します。

image

 

今日はあちこち痛いw

image

image

がまん…。

image

 

このがまんの文字を見るのはしばらく見れないのか…。

 

寂しいモンやね。

image

 

前回に彫った鯉のウロコの白…。

 

今は生成り色ですが3年位で真っ白に変化するらしいです♪♪

 

image

 

完成です‼️

来春には足首までいきますが、少し休憩します♪♪

 

カネもつくらんとあかんしw

 

image

 

アレ…なんでか画像が小さくなるね⁉️

 

image

 

二重彫りシブいなぁ〜♪♪

 

image

 

この紅葉が粋やなぁ〜

 

額が、額がホントに素晴らしい。。

和彫りは主題より額が命やね。

ま、当然、主題も大切ですが額はもっと大切です。

世間には額が雑なホリモノが多い。。

image

 

 

 

 

 

 

背中の金太郎さんの色抜けがヒドいなぁ〜

 

鯉は15年位前に前の彫師さんに突きなおしてもらいました。

 

この金太郎の抱き鯉と牡丹の花2つは彫徳先生ではありません。

 

image

 

金太郎の抱き鯉…。の抜き彫り

 

江戸では旦那彫り⁉️

 

20年位前にマシーンで彫ったあたしのファーストタトゥーです♪♪

 

ファーストと呼ぶには若干大きめですがw

 

image

 

先生曰く、顔が子供じゃないんだよなぁ〜

金太郎って幼児だからねぇ…

顔少し治そうか…。

 

お願いします‼️

 

image

 

金太郎さんの整形手術が始まりました♪♪

 

image

まだまだ変わるみたいです。

身体もガチムチなってるんでもう少し丸くするそうです。

 

image

 

当然、金太郎だけでは済みません…

 

鯉も変えていただきます。

 

来週から金太郎と鯉が彫徳先生の手で生まれ変わります。

 

これで正真正銘、マジもんの初代彫徳先生のドンブリになります。

 

牡丹も手彫りでつきなおしてもらいます♪♪

 

image

 

この抱き鯉が彫徳先生の手によってどう変わるのか楽しみです♪♪

 

image

 

Home

 

 

image

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。