金魚

2016年9月21日

 

お誘いを受けまして日本橋までアートアクアリウム2016を観に行ってきました。

 

 

 

金魚は人の手によって生み出され、様々に形を変えてきた歴史を持つ観覧魚です。

 

 

その歴史は2,000年前の中国で突然変異で生まれた赤いフナの仲間が見つかったことに

始まります。

 

 

日本にやって来たのは室町時代の1502年で当時は城主や大名しか見ることしか出来なかった

贅沢品だったと云われています。

 

江戸時代になると、武士や豪商が屋敷の池で飼うようになり、、、

 

 

江戸後期になると庶民でも手に入るようになり、浮世絵や着物の柄に描かれるほど

金魚ブームが起こりました。

 

ゲン担ぎとしても金魚は人気があるようです。

 

 

金魚は風水では財運の向上に使われるらしい。

 

また中国語の発音で金余と非常に似ているため縁起のいいものとされています。

 

刺青でも人気あります。

 

煮ても焼いても喰えない奴…。

 

って意味らしく渡世人に人気があったらしい。

 

 

あたしも脚に金魚ちゃんを飼う予定です。

 

徳先生の脚にも金魚ちゃんいます。

 

 

赤い金魚は幸運を呼び込み、、、

 

 

 

 

 

 

黒い金魚は邪気を吸うとも云われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出目金ってかわいいねぇー

 

 

 

 

 

 

 

癒されます。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幻想的です。

 

 

平日の夜にもかかわらずヒトは多い。

 

きれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸切子の金魚鉢…。

 

こちらも全て江戸切子。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな江戸切子の金魚鉢…。

 

 

 

 

 

獺祭をいただきながら鑑賞できます。。

 

 

 

 

江戸切子のグラスが。。。

 

 

 

 

屏風の中に金魚が泳いでます。

 

 

物語になってました♪♪

 

楽しめました♪♪

 

 

 

 

 

Home

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。