2016 九州旅…7日目

2016年11月3日

おっさん2人旅も終盤…

7日目に突入です。

にゃんこ先輩はワシより2週間前に旅に出てるんで、まさに “ 世捨て人 ” と呼ぶに相応しい

その資格を充分に備えています。

 

この道の駅はデカいんで、ハイエースを含む旅人が多い。
大体の人がリタイヤ組の60代半ばあたりの人かなぁ〜
ワシらみたいな40代はおらんわね。

 

 

そんな遠慮のない40代は関係者でもないのに堂々と停めてしまいます。

 

 

 

この日から朝の気温がグッと低くなり寒くなってきた。

 

 

 

 

昨年の春のにゃんこ先輩との旅では行けなかった回天の島に行きます。

 

 

昨年は休館日やったんよな。
確か水曜日やった。

 
これは回天特攻隊員の映画。
出口のない海

 

フェリーで40分かかります。

 

 

 

 

 

 

 
これは映画に使われた本物と同じ実寸の回天。

 

 

先端部分に爆弾を積んで1人で乗り込み敵艦めがけて体当たりする。

 
一体どういう気持ちやったんかね。

 

 

 

 

 

 

 
145人の若者が散華された。

 

 
フェリーに乗り込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコがおる。

 

 

 

 

 

人懐こい。

 

 

 

 
にゃんこ先輩にすり寄るにゃんこたち。

 

 

 

腹が減ったんで、、、

 

 

 
あたしは赤を、にゃんこ先輩は黒をいただく。

 

 

 

 

赤は辛いっす。

 

 

 

 

 

 
発泡酒をいただく。

 
ツマミはアジが付いてくる。

 

 

 

 

アジはにゃんこたちに…。
 

 

 

 

集まってきたよ。

 

 

 

にゃんこに群がるにゃんこたち。

 

 

 

 

 

この親子がかわいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ回天記念館へ。

 

 

 

 

 

こちらは閉館してた。

 

 

 

 
この奥が回天記念館。
 

 

 

 

 

記念館まで145名の石碑がある。

 
名前と出身地が刻まれている。

 

 

 

宮城県に徳島県に東京都…

 
全国から集められてここ山口県から出撃されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
第二次世界大戦の末期、戦局を打開しようと魚雷を改造して人間爆弾をつくった。

 

発進すれば生還は不可能…。

 

必死必殺の特攻兵器。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ただし回天の精度は低かった。

 

敵艦に体当たりする前にレーダーで探知されたり潜望鏡ひとつで敵艦を見つけなくては

 

ならない為、隊員の勘に頼らざる得なかったのが実情のようだ。

 

 

 

 

18歳から24歳の若者が尊い命を捧げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の日本では戦争の道は始まっている。

 
いつの時代も最初に犠牲になるのは貧乏人と若者たち。

 
子供たちは洗脳されてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志願はない。

熱望する。

希望する。

やめる。

 

 

の三択しかない。 兵隊の厳しい上下関係の中で三つ目の選択はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうめちゃくちゃやな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回天のハッチは中から開けることは出来ない仕組みになっていた。

乗り込めば最後、絶命する仕組み。

 

 

 

 

 

 

 

短刀は自決用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
遺書

 

 

 
二十歳そこそこの若者たちの字とは思えないくらいきれいな字。

 

 

 

 

 

 

 
祖国を守るというよりも家族を守る。

 

見送ってくれた親戚縁者、近所の人たちを守る。

 

という思いが強かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特攻の母…

 

トメさんもいてはった。

 

 

 

女性にしてみたら我が子のような年の子達が死んでいくのを見るのは辛かったやろな。

 

 

 

 

 

 

 

 

回天は戦後もしばらく秘密裏とされていた。

 
ちなみに隊員たちにも回天はどのような兵器かしばらく知らされていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの未来を創っていくのは

 

今を生きる私たちなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
回天記念館を出て、魚雷見張り場へ。

600メートルか…。

 

 

余裕やなぁ〜♪♪

 

 

けっこうキツい。

 

 

 

 

 

 

 
この辺りではぁはぁ…と息が切れだす。

 

 

すっごい急坂なんだわ。

 

 

 

この丸太も間隔が狭く丸いので歩きにくい。

 

 

 

 
ワシ足首曲がらないんですけど…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
頂上を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと、頂上に着いた。

 

 

 

 

草ボーボーで何も見えんw

 

 

 

 

コレを降りるのもキツかった…。

 

 

 

 

 

次は、、、

 

 

 

訓練基地跡を見にいく。

 

 

 

 

 
トンネルも当時のまま残ってる。

 

 

 

 

トロッコの線路やなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
泣けるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
訓練は終戦の日まで続けられた。

 

 

 

 

 
ここから敵艦に向けて出撃して行ったんやな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
戻ってきたよ。

 
デカい猫おるわ。

 

 

 

 
ふてぶてしいにゃんこがおる。

 

 

 

 
おっぱいを飲む子猫ちゃん。

 

 

 

ワシも子猫ちゃんのおっぱいのみたい…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
お土産を買った。

 
95歳のおばあちゃんが浴衣をバラしてつくった草鞋。

 

 

 
本州に向かいフェリーに乗り込む。

 

 

 

 

 

 
雨やわ。

 
道の駅にある温泉に浸かりました。

 

 

 

 

8時を過ぎるとどこの飲食店も空いてないのが田舎の困るところやわ。

 

 

 

 
スーパーで特価品を購入し…。

 

 

 

ハイエースの後部でいただきます。

 

 

この日は9時には寝たかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Home

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。