初代 彫徳先生 ドンブリの道 55

2016年11月29日

 

 

本日の3時間は、ヒザの裏のみ…

 

 

 

 

集中的に右脚のヒザの裏のみ…

 

 

 

 

皮が薄いからなのか?

 

 

 

まぁまぁツラいっす。。。

 

 

 

でも手彫りなんで、マシーンに比べたら随分とラクなんだと思う。。

 

ヒザの裏は地獄っすよ❤️

 

 

経験者からかなり脅されたw

 

 

ま、手彫りでも…

 

 

ずっとこんな感じw

 

 

 

シブいなぁ〜♪♪

 

 

コレが筆でフリーハンドの額です。

 

その時、その時、に感じたまま筆を走らせるそうです。

 

ルールにはのっとってなんでしょうが。

 

 

 

赤みが引けると和墨独特の薄ボカシが現れます♪♪

 

 

金魚の横の波と紅葉はまだ残ってる。。

 

 

しかしホントに丁寧な仕事です。

 

 

一切の妥協はない。

 

先生も

 

いまの集大成‼️  と。

 

仰ってくれています。

 

 

 

じっくりみるとやっぱルールはありますね。

 

ウロコもスゴい…。

 

スジ彫りも全て和墨で彫ってるんでインクより格段に痛いらしいですw

 

和墨はパワーあげないと入っていかないから…

 

 

 

だいたいフツーは和墨じゃ彫れないらしいです。

 

彫る方も相当な技術がないと彫れないし、パワーありすぎてビビっちゃうんじゃねーかな。。。

 

 

出血もホントないです。

 

いつもこんな感じで滲む程度なんです。

 

 

肌へのダメージが最低限なので治りも早いんで毎日通えます。

 

 

 

 

左のヒザの裏はまだ残ってる…。

 

こあいねw

 

 

 

 

 

Home

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。