悪魔のフランス旅…。5日目 勝利への道

2017年3月8日

 

 

大会3日目の日曜日は明け方から土砂降りの雨…。

 

 

 

それでもこの大行列なんですよ〜〜♪♪

 

 

 

 

 

どこまでも続く長い列…。

 

 

 

フランスの刺青への愛が伝わりますね。

 

 

ワシは3日間の通し券あるんでね。。。

 

 

サクッと入場出来ます♪♪

 

 

で、会場の中に入れば…

 

 

土曜日よりすごいヒトだわ‼️

 

 

 

竹下通りみたいになっとるよ♪♪♪

 

12:00にエントリー用紙の記入に指定された場所に行く。

 

 

会場内のあちこちにこのポスターが貼ってある。

 

 

 

天使のサポートパーティ♪♪

 

 

 

遊びに来いよ❗️

 

って昨日メンバーのヒトが言ってた気がするんで、、、

 

素直なあたしはは行ってみようと思います…。

 

またパリまでw

 

地獄の天使の創始者のあのソニー様も来るらしい。

 

 

会ってみたいね。。。

 

 

どんなオーラを放つのか肌で感じてみたいっす。

 

 

 

 

いやぁ〜 それにしてもすごい熱気ですわ♪♪

 

 

 

 

土曜日もすごい動員数やと思ってましたが、マジで日曜日はハンパ無い‼️

 

 

 

 

爆音とレーザービームで盛り上がっておりますよ♪♪♪

 

 

 

さて、、、エントリーはいずこでできるのか?

 

探す。。。

 

ここけ?

 

ガキが座っとる。。

 

エントリーペーパープリーズ❗️

 

なかなか通じないンダこれが、、、w

 

ボディースーツコンテストエントリーミーオーケー⁉️

 

ペーパープリーズ‼️

 

めっちゃくちゃやろうけど連呼すれば熱意でなんとかなるもんやw

 

 

エントリー用紙はすごいシンプル…。

 

よかったわぁ〜♪

 

名前とアーティスト名のみ記入する。

 

名前、、、gabo…と。

 

アーティスト名、、、horitoku 1st…。

 

 

 

 

無事にエントリーできたみたい。

 

 

ワシの番号は2番❗️

 

ボディースーツの部門は14:30から、、、

 

ステージ横に集合せよ。 セキュリティが立っていた。

 

時間まで会場内をブラブラするよ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日一緒に撮った彼のブース。

 

 

 

 

日本から来てはるんやなぁ〜

 

 

 

 

 

 

満員電車のように動けませんw

 

 

 

 

 

お。

 

 

 

 

 

フィリップ・ルーのブース

 

 

 

 

 

本当に普通の家族も多い。

 

日本ももう少し開かれた分野にならんとなぁ〜

 

先細りするわね。

 

 

 

こういったアートピースが人気のようだ。

 

だいたいどこのブースでも販売してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のタ、タウのブースは今日もすごい人気ですわ♪♪

 

 

 

 

 

遠まきにしか見れない。

 

 

 

 

 

三重にも四重にもヒトが集まってる。。

 

 

 

 

 

どんどんこういった少数派のタトゥーに興味が移ってるんかね。

 

 

 

 

 

その他に人だかりが多いのは手彫りの実演ブースかなぁ〜

 

何人かいてたけど…

 

彫り方が荒いなぁ〜

 

血だらけやもんなぁ〜

 

彫られてる外人も肩とか二の腕で苦痛に顔を歪めてる…。

 

外人が痛みに弱いのか、、、単純に深く彫りすぎてるか、、、

 

肌目を全く読めて無いか、、、のいずれかやな。

 

 

彫徳先生のツキカタとは全く違うね。

 

 

 

先生は最低限しか肌をキズつけないもんね。

 

それでもきっちり色は入ってるよ♪♪

 

 

だからワシも毎日通えたんだと思う。

 

大事なのは肌目…って仰ってました。

 

お腹空いたんで飲食のブースエリアへ行く。

 

 

 

 

 

お。  いい香り。

 

 

 

 

 

バジルとチーズもりもりのサンドイッチ。

 

美味かった。

 

 

 

昼過ぎるとますますヒトが多くなってきたよ。

 

 

 

 

 

七代目のMさん。

 

いつ覗いても忙しそうです。

 

 

 

 

みんな真剣です。

 

 

 

 

 

フツーの女のコも多い。

 

 

 

 

 

紫とか奇抜なカラーのリップの女のコ多いなぁ〜

 

流行ってんの⁉️

 

 

 

 

ここからボディースーツ部門の予選が始まる。

 

 

 

 

 

 

先日のblogに書いたとおりです。

 

 

 

壇上から撮ればどんなにヒトが多いのか本当に良くわかる。

 

 

 

 

二階もビッシリ埋まってる♪♪

 

 

 

 

結局、30数人がエントリーしてたみたい。

 

その人数で舞台裏で待ってる時の空気感がよかった。

 

独特の空気感が漂っていた。  みんな緊張してたね。

ワシはふんどし一丁で練り歩いてたが、ガウンで隠してる人も多かった。

 

寒いから着てたのかもしれんが…。

 

みんな真剣やった。

 

ワシは練り歩きながらサラァーっとみたときに…

 

あ、ワシが優勝やな。

 

間違いない。

 

確信してた。。。

 

 

 

 

韓国から…上手いけど

 

下絵が横浜の三代目っぽいな。

 

主題より額が大事やし…菊の花にボカしは必要やな…

 

 

 

 

 

 

この時ずーっと日本の数人とLINEしてたんだわ。。。

 

ワシは、審査員が公平にジャッジしてくれたら、、、絶対に獲る❗️

 

って全員に宣言してた。

 

 

もし俺が獲れないってコトがあれば、他に理由があるはず…やと。

 

① 事前にエントリーしていなかった。

 

② 彫師を連れて行っていない。

 

③この場で出展していないのはワシだけ…

 

④ 最初から決まっている

 

 

すると、その中の1人から、、、

 

” 大きなイベントではスポンサーも大事でしょう。

 

 

でも本物は必ず人の心を撃ち抜きます‼️

 

わかる人にはきっと通じます❗️

タイトルだけが全てではありませんよ‼️

今、ガボちゃんがチャレンジしてる意味はとても大きいです‼️

刺青をいれてない僕でさえそう思います‼️

 

フランスにカウンター入れて来たってください‼️  ”

 

 

獲りますよ。。

先生に勲章を持ち帰らんと。。

 

 

フランス語全くわからんし…

この時は、おいおいワシが3位なんか? って思ってたw

で、この人が2位なんか…と。

 

すると察したのか後ろからフィリップ・ルーが日本語で、、、

 

ガボ、オメデトウ。アナタガナンバーワンデス。

 

めっちゃくちゃ嬉しかったです♪♪♪

 

当然と言えば当然かもしれませんが ” horitoku ”  が優勝するわけですよ♪♪

 

嬉しかったです。

 

公平にジャッジしてくれて本当に感謝しています。

 

 

多分、彫師と一緒じゃない。

 

個人でのタイトル獲りは史上初だと思う。

 

言葉解らずとも1人でも乗り込んできて本当によかった。。

 

先生に勲章を持ち帰れて本当によかった。。。

 

 

 

あんなに土砂降りやったのに晴れたわ。

 

 

 

 

 

この女のコは頭に彫ってた…。

 

参考にw

 

でもちょっと生々しいなぁ〜w

 

 

横浜の三代目の息子さん。

 

三代目は体調が悪くて来られてないみたい。

 

 

台湾かな?

 

30数人の中にいてた。 上手いよなぁ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トゥデイのタトゥーにエントリーしてた。

 

 

 

 

 

金太郎感が全くないんやがw

 

 

 

 

 

コレは売れてたなぁ〜

 

 

 

 

 

次の審査に、、、

 

 

 

 

 

 

本日のタトゥーの一番を決める。

 

 

 

 

 

この日彫った人の中での優勝者を決める。

 

 

 

 

 

エントリー数も多い。

 

 

 

 

 

ワシも見入った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレがワシが頂いた商品です。

 

追って紹介します。

 

 

 

フィリップ・ルーが改めて観にきてくれた。

 

彼の刺青愛が伝わった。  さすがレジェンドだと思う。

溜息をつきながらビューティフル、アメージング、クレイジーを連発。

 

指で額の流れをなぞっていき指で部位を広げて色の入りもチェックしてた。

 

特にヒザ小僧ややお尻など彫るのに難しい部位を細かくチェックしてた。

 

張順の二重彫りはもちろん、白ヘビや白いガマガエル、打出の小槌、お尻の鯉のウロコ、、

 

水ボカし、、、も全て時間をかけてジックリ観てくれる。

 

本当に時間をかけてジックリ観て、、、

 

スバラシイ、ベンキョウニナリマス。

ホリトクサンニアリガトウゴザイマシタ。オツタエクダサイ。

ナンバーワンデス。

 

 

ワシはこの人に観てもらう為にフランスまで来たんで…

 

フィリップ・ルーが審査員をつとめて優勝出来たのは本当に嬉しかったです。

 

 

 

 

 

この方も世界の刺青業界のレジェンド らしい。 ビルさん。

 

もう1人のあの大きい人も世界的に権威のある方だったらしい。

悪魔のマークのチェッカーデーモンタトゥーのルークさん。

 

そういったレジェンド達に公平な場でジャッジされて優勝出来たのは本当に良かったです。

 

先生のおかげでいい経験になりました。

 

一生の思い出です❗️

 

ありがとうございました‼️

 

 

 

 

http://crunkdevil.com/

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。