日本伝統刺青 第三弾…写真集の撮影が進行中です。

2017年6月18日

 

日本伝統刺青の第三弾の写真集、、、の撮影が始まっています。

 

 

某スタジオに入ってカメラマンに撮ってもらっています。

 

 

なぜ、 ”  第三弾  ” なのか…。

 

 

第2弾がすでに発売決定しているからなのです♪♪

 

 

第一弾の写真集が "完売してから " というものの各方面から再販のリクエストが多い。

 

みんな、無くなったら欲しがるんよねw

 

 

 

ただ、、、ワシとしては前回と同じモノ販売するのはなぁ〜…と。

 

 

というコトで第2弾を発売します♪♪

 

 

第2弾は、第一弾の写真集に修正や大きく追加したモノ…になります。

 

ハードカバーに変更します♪♪

 

 

で、昨日は第三弾の写真集…

 

5人目の撮影…です。

 

20人くらいは撮影したい❗️

 

 

ワシが発行する刺青の写真集は ” 初代 彫徳先生 ” の作品です‼️

 

 

少しだけお見せします。

 

このオトコは ” チョー太郎 ” 言われてますねん。

 

小岩の人間です。

 

 

ワシと同じく20年ほど前から新宿の初代彫徳に通っています。

 

全て手彫りです❗️

 

この龍シブいよなぁ〜

 

睨みが効いてます。

 

 

 

左のタイコ…こちらの龍は20年くらい前の彫徳先生の龍…やね。

 

ワシの両方のタイコもこの龍です。

 

和墨も今とは違いますね。

 

 

この背中の一本龍…

 

ワシもいろんな刺青の龍見ましたけど…

 

この龍が日本で一番格好エーと思いますよ❗️

 

異論は 無いと思うよ。。。

 

 

和彫って ” 額 ” で決まると思うんですよ。

 

額って本来、全て関連性があるんですよ。

 

主題と全く関連のない額とか見切りとか…世の中に溢れてるよね。

 

腕を上げても全て繋がってるんです、、、 風や雲の流れが。。。

 

 

紅葉の葉も  ” 効いて ” ます。

 

風がビュンビュン感じるでしょ⁉️

 

 

紅葉に  ” 動きが ” あるんですよね〜

 

 

 

 

これが彫徳先生の一本龍です!

 

 

 

 

マジで日本一格好いいと思うんですが…

 

 

 

 

龍の顔が " 神がかって " ますね。

 

 

 

 

コレが手彫りの龍ですよ。

 

これから数年かかって、もっと馴染んだ色になるのが手彫りのいいところ。

 

 

 

この、額の流れ、、、

 

 

 

 

雲から波への自然な流れが真骨頂なのよね。

 

コレがワザでしよ。

 

コレが世界一の刺青なんですよ❗️

 

チョー太郎、、、これから胸割りに通うそうです。

 

バリっとした彫モン完成したらまた撮影するんでよろしくです。

 

 

 

tokyo fuckin city!

 

 

 

 

http://crunkdevil.com/

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。