最後の晩餐に選びたい店

2017年9月21日

 

三連休の最終日に嫁さんと。。。

 

東京の下町、バスとタクシーを乗り継いでやって来ました。

 

 

友だちに紹介されて来た小さい鮨屋。

 

 

ここは絶対にオススメだと❗️

 

一発で虜にされました。。。

 

 

テーブルがひとつにカウンターには五席のみ。。。

 

 

予約も不可です。

 

 

最初にいただくのは子持ち昆布♪♪

 

 

出汁も絶妙なんですよ。

 

 

店主の御歳は82歳。。。

 

中学出てすぐにすしの世界に…

 

1964年の東京オリンピックの選手団に握ったレジェンド。

 

 

 

モロッコ製じゃないホンモノの蛸です。

 

コリコリ具合が違います。

 

熱燗でいただきます。

 

 

 

大トロと中トロの間にあたる部位。

 

 

鮃とえんがわ。

 

 

赤貝。

 

 

とにかくデカい。

 

ネタも最高です。

 

烏賊。

 

 

築地じゃ次郎や久兵衛より俺んちのが早くみれるんだよ。。

 

寿司は技術もさることながら…ネタよ、ネタ❗️

 

目利きとつきあい。

 

言い切る店主。

 

天然でこのサイズ。

 

コレがホンモノのクルマ海老です。

 

築地でも名前は変えられホンモノはほとんどない…

 

子持ち昆布をもうひとついただきます♪♪

 

 

 

口に入れた瞬間にトロける穴子。

 

でも崩れない…。

 

ツメもサイコーに美味い。。。

 

本当にこの穴子は世界中のすし職人に喰ってもらいたい。

 

年間に五日間しか採れないイクラ。。

 

 

ホンモノはプチプチいいません。。

 

 

ここは御御御付けもない。。。

 

鮨だけのお店。。。

 

誰にも教えたくない鮨屋。。

 

 

バス乗り継いで帰る。。

 

 

tokyo fuckin city❗️

 

 

http://crunkdevil.com/

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。